2016年07月26日

ポケモンGOダウンロードできない|ポケモンGO落ちるなど不具合の対処法

ポケモンGOダウンロードできないです。アプリは常に待機中で、ポケモンごーのアイコンではなく白に蜘蛛の巣がかかったような感じのままずっとです。たまにポケモンごーのアイコンになるのですが待機中は変わりません。分かる方お願いします。


ポケモンGOがいよいよ日本上陸!位置情報を利用することで、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりすることをできる。日本で配信後すぐ人気沸騰になって、App Storeの「無料アプリ総合ランキング」の1位に躍り出た。


けれどネットを見渡すと「ポケモンGO落ちる」、「ポケモンGO繋がない」、「ポケモンGOダウンロードできない」などユーザーの声をよく聞こえる。もしプレイ中にポケモンGO不具合がよく発生しているなら本当に興が醒めるだろう。ということで、今回はポケモンGOダウンロードできなかったり、落ちたり、繋がなかったりなどする時の対処法を提供するだけでなく、ポケモンGO通信障害する場合に最適な解決方法もわかりやすく説明する。ポケモンGOをやっている方はぜひ見逃さないでね。


 【目次】ポケモンGO 不具合&バックの原因と対処法



ポケモンGO 不具合:ポケモンGOダウンロードできない時の原因と対処法


ポケモンGOダウンロードできない場合にはいくつかの原因がるので、まずはお使いの端末の原因:ポケモンGOはAndroid 4.4やiOS 8以降のバションを対応できるので、お使いのスマホがその対応環境を満たさないとポケモンGOインストールできのは言うまでもないだろう。



iOS

対応OSバージョン:iOS 8 - 9
対応端末:iPhone® 5/5c/5s/SE/6/6s/6 Plus/6s Plus
※iPod touch第5世代以前、iPhone4S以前の端末は非対応です。
※タブレット端末での動作は保証しておりません。
※すべての端末での動作を保証するわけではありません。


 



Android

対応OSバージョン:Android 4.4 - 6.0
対応端末:Android 4.4以上 RAM2GB以上搭載の端末
※Intel製 Atomプロセッサ搭載端末は非対応です。
※タブレット端末での動作は保証しておりません。
※一部端末に関しては対応OSバージョン以上でも動作しない場合がございます。


 もし、以上の条件を満たすとなおポケモンGOダウンロードできないなら、以下にはポケモンGOインストールできない時に具体的な対処法をぜひ参考にどうぞ。



ポケモンGO 不具合



ポケモンGOインストールできない対処法①:
ポケモンGOをダウンロードしている時に安定した通信環境を確保しなければならない。ネット接続が不安定になったり、通信速度が遅くなったりする時にポケモンGOインストールできないことになるかもしれない。この時にはルーターやモデムの電源を切って数分後に起動させると、ほぼ改善できる。また、スマホではWi-Fiをオン・オフ切り替えることで改善することがある。


ポケモンGOダウンロードできない対処法②:
ポケモンGOの容量は100MBを超えているから、お使いの端末の空き容量が足りないなら、ポケモンGOダウンロードできない。iPhoneなら、「設定」―「一般」―「ストレージとiCloudの使用状況」という順序で使用可能な容量を確認できる。空きの容量が残り少ない場合は、使わないアプリ、ファイル、動画、写真などの重いデータを削除しておけばOKである。




ポケモンGOインストールできない対処法③:
Wi-Fi環境下にいる時ポケモンGOダウンロードできないならWi-Fiに障害が発生するかもしれない。試しにWi-Fi通信をオフにして、3G/4G(LTE)の環境で試したら行ける場合もある。


ポケモンGOダウンロードできない対処法④:
まずは少し時間を置いてみて、時間をいたら何事も無く出来たりするので、後で改めてダウンロードしてみる。もしダメなら、一度電源を切って入れ直すと解決できることがある。


ポケモンGO 不具合:ポケモンGO落ちる時の原因と対処法



ポケモンGOをプレイ中にいきなり落ちて強制終了、ホーム画面に戻ってしまうことがある。更にはインストールしたけどすぐポケモンGO落ちるから何もできない。それはなぜだろう?ポケモンGOが大人気でサーバ負荷が高過ぎるている場合に、時々ポケモンGO落ちるようになる。またお使いの端末や通信状況及びメモリの影響でポケモンGO落ちる場合もある。


まずはポケモンGOをマルチタスクから終了して、もう一度起動すると行ける場合がある。


またご使用の端末でWi-Fiをオン・オフ切り替えることでポケモンGO落ちるの問題を解決できるかもしれない。因みに、使えないアプリやビデオ、写真を削除して、空き容量を増やすと更に有効になる。


それに、ポケモンGOを削除して再びインストールしてください。もう一度インストールして起動してみたらポケモンGO落ちるの問題を改善されることがある。


ポケモンGO 不具合:ポケモンGO通信障害、ポケモンGO繋がない時の原因と対処法



ポケモンGO繋がない時のがある場合に、まずお使いの端末で機内モードをオンにするかどうか確認してください。機内モードにするなら「モバイルデータ通信」「Wi-Fi」「GPS」等の電波を発する機能が一度に無効になるので間違えなくポケモンGO繋がないようになる。


またWi-Fi環境下でプレイしているなら、Wi-Fi通信をオフにして、3G/4Gの環境で試したらポケモンGOが繋がることができる場合もある。最後には、アプリを再起動してなおポケモンGO繋がないなら、ポケモンGOサーバが混雑している可能性が高い。この時には、我々は、サーバー復旧を待つしかない。


ポケモンGOインストールできない


ポケモンGO不具合:ポケモンGO位置情報を取得できない時の原因と対処法


GPSが反応しなく、ポケモンGO位置情報を取得できない場合に、まずお使いの端末の位置情報サービスがオンにしてからアプリを再起動。そしてポケモンGOでGPSの信号を探している時に、安定した通信環境を確保しなければならない。




 






  


Posted by 洞庭湖君 at 12:34Comments(0)

2016年07月21日

超簡単!iPhone写真をパソコンに取り込み方3選|iPhone画像をPCに転送

iPhone写真バックアップの質問です。iPhoneで撮った写真が大量になり、パソコンに取り込み、保存したいのですが、iTunesを使わずにiPhone画像をPCに転送できるやり方がありますか。またiPhone写真をパソコンに保存するのではなく、ネットにだままパソコンで作業できるのでしょうか?パソコンやiPhoneの用語をそんなに詳しくなく、簡単な説明で教えていただける方お願いします。


必ず抑えるべき瞬間と印象深いシーンを残しておくことができるにはiPhoneで色々写真を撮影したけど、あっという間にiPhone容量が一杯になってしまったので要らない画像を削除したらiPhone容量不足を解消できるが、その懐かしい思い出の写真を削除したくないならどうしたらいいでしょうか。この場合には、iPhone写真をパソコンに取り込み、保存した貴重な写真や1日に何度でも撮影できる前撮り写真を削除しなくてもiPhoneストレージの空き容量を確保できます。今回には、iPhone写真バックアップに三つの最適な方法をまとめてみて初心者も簡単かつ迅速でiPhone画像をPCに転送できるやり方を詳しく説明します。


原文へのリンク:http://goo.gl/1zL7YI




方法1: iPhone写真バックアップアプリWinX MediaTransでiPhone画像をPCに転送



iPhone写真をパソコンに取り込みたいなら、iCloudやLineを経由してiPhone写真をパソコンに保存できるほか、iPhoneとWindowsパソコンをUSBケーブルで接続することで、iPhoneの カメラロール内の写真・画像一覧を表示しパソコンにコピーしてiPhone写真 移動もできる。でもiCloudとLineでiPhone画像をPCに転送するにはネット環境が必要不可欠です。
もう一つのiPhone写真 移動方法なら、コンピューターを開きDCIMを開くとDCIM内に複数のフォルダがあります。中身はそれぞれ違って枚数も日時もバラバラです。さらにはその転送速度が遅すぎてiPhone写真バックアップがとぎれとぎれになってしまいました。では上記方法のほか、ネットなしで迅速でiPhone画像をPCに転送できる方法がありますか?ここでは一番簡単なiPhone 写真をパソコンに保存するやり方を紹介します。


iPhone写真をパソコンに取り込み




ステップ1: iPhone写真をパソコンに取り込みソフト WinX MediaTrans ダウンロード&インストールしてください。


ステップ2:USBケーブルて、お使いのiPhoneをパソコンに接続。iOSデバイスを初めてパソコンに接続する場合、「このコンピューターを信頼しますか」と出てきます。「信頼」をクリックすればいい。 


ステップ3:WinX MediaTransを起動。メイン画面にある「写真転送」ボタンをクリック、WinX MediaTrans写真転送画面に入る。 iPhone 7に保存されている写真の一覧も表示される。


ステップ4:パソコンに取り込みたいiPhone 7の写真を選択。 


ステップ5:画面上部には「エクスポート」を押すと、WinX MediaTransでiPhone画像をPCに転送することがスタート。




40秒だけで1000枚のiPhone画像をPCに転送できたから、WinX MediaTransは他のツール・ソフトと比べるとシンプルで動作も軽く、直感的に超爆速である。ワンクリックだけでiPhone写真 移動できたから、操作性抜群!ということで沢山のiPhone写真をパソコンに取り込みたい方に強くおすすめします!







方法2:USBなしでiCloudまたはLineでiPhone写真をパソコンに取り込み



iPhone写真をパソコンに保存したいならiCloudとLineと使ってできますが、ネット環境が不可欠ですから転送する前にネット状況を確認する必要があります。ここではiCloudを例として、iPhone写真をパソコンに保存する方法をわかりやすく解説してみます。


ステップ1,iPhone 「設定」を開いからiCloudへサインインし、「写真」を押します。


ステップ2.iPhoneで撮った写真をiCloudへアップロードするには、「マイフォトストリーム」をオンします。それで写真をICloudに安全に保像しておけます。


ステップ3.お使いのパソコンでiCloudをダウンロードしてインストールしてください。


ステップ4.インストールが完了したらソフトを開きます。Apple IDを入力してiCloudにサインインします。


ステップ5.「写真」を選択して「適用」を押すとiCloudでiPhone写真をパソコンに取り込みします。


ヒント:iCloudには自動的に5GBの無料ストレージが使いるから、およそ2千枚ほどの写真をバックアップできるようになります。もし容量不足してきたら、より大き容量を使えるプランに有料でアップグレードしかありません。50 GBなら毎月130円、200GBなら毎月400円、1TBなら毎月1300円を支払います。







方法3:USBケーブルでiPhone写真を直接にWindowsパソコンへコピーして保存



お使いのパソコンがWindows 7以降のバーションなら、iPhoneとPCをUSBケーブルで接続することで、iPhoneの カメラロール内の写真・画像一覧を表示しパソコンにコピーしてiPhone写真 移動もできる。またWindows 10でフォトアプリを追加しましたから、USBケーブルでiPhoneとWindows 10のパソコンを接続するとフォトアプリを自動的に開き、直接にiPhone画像をPCに転送できます。


ステップ1.iPhoneをPCにUSBケーブルで接続します。 
ステップ2.エクスプローラーで「コンピューター」を開くと、「iPhone」ー「internal Storage」ー「DCIM」を進みます。 
ステップ3.「DCIM」内のフォルダを開き、お好きな写真をコピーして、パソコンに保存できます。


ヒント:DCIM内に複数のフォルダがあります。中身はそれぞれ違って枚数も日時もバラバラで、選択してにくい、おまけに転送スピードが遅いから初心者におすすめしないです。




  


Posted by 洞庭湖君 at 18:28Comments(0)

2016年07月19日

簡単かつ安全!iPhone 7写真をパソコンに保存する方法|iPhone初心者必見

iPhone 7背面に画素数21Mピクセルのデュアルカメラを搭載していることで、より綺麗で立体的な写真を撮影することができるけど、撮られた写真のデータサイズも大きくて端末に保存できる枚数も少なくなった。特にiPhone 7で撮った写真データの容量は1枚2M~3Mほどで5000枚の写真なら大体10G~15Gくらいになることで、16GBモデルを持っている方にっとって本当に悩んでいるだろう。写真たくさん撮れば容量食ったから、iPhone 7容量不足を解消するために一部の写真を削除しなければならないようだが。大切な写真を削除したくないなら、ほかのiPhone 7写真バックアップ方法があるのか。実にはiPhone 7写真をパソコンに保存してストレージの空き容量を増やして確保できる。


原文へのリンク:http://goo.gl/7iJMMI


この記事では、WIFIを経由しなくて迅速かつ安全に千枚以上のiPhone 7写真をパソコンに転送方法を紹介する。操作はシンプルで扱いやすいため誰でも難なく簡単にiPhone 7写真をPCに取り込むことができる。



超爆速!千枚40秒だけ~iPhone 7写真をパソコンに保存する方法


iTunesが使いにくいから、iPhone初心者ならiTunesでのiPhone 7写真バックアップ方法に非常に手を焼くだろう。  iCloudでiPhone 7写真をパソコンに転送してみて、ネット環境が不可欠なものだからやや不便。AirDropで試したが複数のiPhone 7写真をPCに取り込むならそのスピードが遅くて、どうしても我慢できない。ではiPhone 7写真をパソコンに保存するにはほかのやり方があるのか?


最近人気急上昇のiPhone 7写真アプリWinX MediaTransを使ってみて、40秒だけで1000枚のiPhone 7写真をパソコンに転送できた。WinX MediaTransは他のツール・ソフトと比べるとシンプルで動作も軽く、直感的に超爆速である。ワンクリックだけでiPhone 7写真をパソコンに保存できて、デバイスのストレージ空き容量も増やして確保できる。さらには管理画面がシンプルで操作性抜群!ソフトには初心者向けの「後悔のボタン」も設置されて、画面上部にある「最新の情報に更新」を押すと、間違った操作をしてもiPhone 7変更前の状態に復元できるから、iPhone初心者に強くおすすめ。


使い回しは絶対に NG!WinX MediaTrans でiPhone 7写真をPCに取り込む方法



まずこのページにある緑色の「無料ダウンロード」ボタンをクリックして、iPhone 7写真をパソコンに保存できるソフトWinX MediaTrans ダウンロード&インストールしてください。


iPhone 7写真をパソコンに転送

ステップ1 USBケーブルて、お使いのiPhone 7をパソコンに接続。iOSデバイスを初めてパソコンに接続する場合、「このコンピューターを信頼しますか」と出てきます。「信頼」をクリックすればいい。 

ステップ2.  :WinX MediaTransを起動。メイン画面にある「写真転送」ボタンをクリック、WinX MediaTrans写真転送画面に入る。 iPhone 7に保存されている写真の一覧も表示される。


ステップ3パソコンに取り込みたいiPhone 7の写真を選択。 


日/月/年により分類した一覧表に、時間の前にある空白の□にチェックを入れたら、この時間で撮った写真と保存した画像がすべて選択される。右向き三角または時間をクリックすればこの時間で撮った写真と保存した画像がすべて表示する。 

ステップ4.画面上部には「エクスポート」を押すと、WinX MediaTransでiPhone 7写真をパソコンに転送することがスタート。



  


Posted by 洞庭湖君 at 11:46Comments(0)

2016年07月15日

【乞食速報】iOSファイル転送・管理ソフト無料配布!今日だけ!


Giveaway of the day — WinX MediaTrans 2.0


https://jp.giveawayoftheday.com/winx-mediatrans-2-0/



WinX MediaTrans は iPhone/iPad メディア管理に全く新しい体験を提供するツール。

最近ポケモンGOという任天堂の位置情報ARゲームが大ヒット!iPhoneにポケモンGOをダウンロードしてインストールしたいが、なかなか空き容量が足りなくて困っています。


iPhoneユーザーへGOOD NEWS!


海外でとても有名なソフト無料配布サイトgiveawayofthedayは今iPhoneメディア転送/管理ソフトWinX MediaTransを無料配布しています。WinX MediaTransをご利用すれば、削除したくない写真・音楽・ビデオをPC/Macに転送して保存します。iPhone容量がたっぷりあれば、どんなアプリも用意にダウンロードしてインストール可能。


giveawayofthedayはWinX MediaTransを選択したのはなぜですか。


★ ロード・転送速度業界一No.1


接続したiPhoneなどのiOSデバイスから、画像・音楽・ビデオをWinX MediaTransとMacX MediaTransに表示するにはただ二三秒でOK!画像を10000+を表示してもクラッシュなしで、数秒しかかかりません。iPhone・iPad・iPodとPC・Macとの相互メディアデータ転送速度が業界一!


★ No.1スピードでiOS未対応の動画を自動検出して、MP4に一括変換


Intel QSVとNVIDIA NVENCのハードウェアアクセラレーションのエンコーディング技術に対応し、iOS未対応のMKV、FLVなどの動画をiPhone/iPad/iPodで再生可能な形式に高速変換し、iPhoneなどに転送します。


日本の人気転送ソフト転送及び変換の時間テスト一覧表


競合ツール

WinX MediaTrans

Copytr***

Anytr***

Wond*** tun***

音楽20曲エクスポート

6秒

120秒

15秒

8秒

写真1000枚エクスポート

40秒

500秒

450秒

75秒

396MBのMKV動画変換

166秒

未対応

400秒

170秒


 


※ご注意:ソフトの動作環境及びファイルの形式・サイズなどは実行時間を影響します。


WinX MediaTrans無料ゲット:https://jp.giveawayoftheday.com/winx-mediatrans-2-0/


 


WinX MediaTrans無料


WinX MediaTrans特有の機能


今市場にはiOS転送管理ソフトが沢山あるから、ユーザー体験を一番にするWinX MediaTransとMacX MediaTransが独自に特別な特徴を持っています。


 


できること

WinX/MacX MediaTrans

Copytr***

Anytr***

Wond** tunes**

同期前、ソフトで削除したファイルを復元

×

×

×

iOS未対応の動画を自動変換

×

iOS 10ベータ版対応

×

×

×

キャッシュ削除

×

×

×

iTunesをアンインストールしても正常に動作可能

×

×

×

iOS スクリーンにあわせるように動画を自動変換

×

×

×


 


必要なシステム : Windows 2000/ 2003/ Vista/ 7/ 8/ 10 (x32/x64); iTunes


出版社 : Digiarty Software


ホームページ : http://www.winxdvd.com/mediatrans/?gotd


ファイルサイズ : 24.5 MB


価格:


プログラムは $59.95ドルで購入可能ですが、このサイトの訪問者には一定期間内で無料となります。


 


WinX MediaTrans無料ゲット:https://jp.giveawayoftheday.com/winx-mediatrans-2-0/

  


Posted by 洞庭湖君 at 17:59Comments(0)

2016年07月15日

【初心者向け】iPhone 7に音楽の入れ方:パソコンからiPhone 7へ音楽を転送・添加!

先日、iTunesをバージョンアップしたのだが、それ以降でiPhoneに音楽が追加できなくなった。。。ドラッグ&ドロップしようとしたら、駐車禁止のマークみたいなのが出て、iPhone 7に音楽を同期できない。


お好きな曲・音楽をiPhone 7に取り込みたいなら、iTunesを使えばできるがわかりにくさを増えているにつれてiTunesが非常に使いづらくなった。さらには熟練者もiTunesでチャレンジしても時々エラーが出てiPhone 7に音楽を同期できない状況がある。ではiTunesのかわり簡単なiPhoneに音楽の入れ方があるか?今回には、新登場のiPhoneに音楽取り込みアプリWinX MediaTransを使ってみてワンクリックだけでに数秒以内にパソコンからiPhone 7へ音楽を転送できる。


原文へのリンク:http://goo.gl/9lE52H




iPhone 7に音楽の入れ方:PCに保存されている曲・音楽をiPhone 7に取り込みたい!



iPhoneに曲を添加したいなら、ネットから直接にダウンロードできるが、必要不可欠なのがネット環境である。それにパソコンで好きな曲を保存しているから、iPhoneでもう一度ダウンロードを行う必要がないだろう。iPhoneに音楽取り込みアプリWinX MediaTransを使えば、ネットを経由しなくても勝手気ままにパソコンからiPhone 7へ音楽を転送できる。iTunesでiPhone 7に音楽を同期できない時にWinX MediaTransでDRM付きの曲、プレイリストや音楽をiPhone 7に取り込み作業をはじめてもよい。


さらには、世界一速いiPhoneに音楽取り込みアプリとして、強力なハードウェアアクセラレーション搭載で、6秒で20曲を全部バックアップできる。


また、初心者向け最適なiPhone 7に音楽の入れ方を提供し、iTunesなしでiPhone(iPad・iPod)に保存されている音楽、曲、プレイリスト、着信音をらくらくと管理。iPhoneとPCの間に曲のやり取り、プレイリスト追加、音楽情報の編集、削除など必要な 操作は直 感的に誰でも使える。一気に iPhone 内の音楽をすべて編集・同期できる。iPhone初心者から上級者まで幅広くおすすめ!







iPhone 7に音楽の入れ方: WinX MediaTransでパソコンからiPhone 7へ音楽を転送までの流れ



まずこのページにある緑色の「無料ダウンロード」ボタンをクリックして、WinX MediaTrans ダウンロード&インストールしてください。WinX MediaTrans日本語化され、日本のユーザが快適に簡単に使えるようになった。Macユーザーなら、このページにある「無料ダウンロード」青いボタンをダウンロードするだけでいい。


音楽をiPhone 7に取り込み

ステップ1:USBケーブルでiPhone 7とお使いのパソコンを繋いてください。


ステップ2:WinX MediaTransを起動。メイン画面にある「音楽管理」ボタンをクリック、音楽管理の画面が出てきて、iPhone 7に保存されている音楽の一覧も表示される。


ステップ3:左から2個目の「音楽追加」をクリック。PCからiPhone 7に取り込みたい音楽・曲を選択し、1度に(1回で)、複数のファイルを追加できるので、Ctrl キーを押したまま、追加する音楽を順にクリックするだけで実現。


ステップ4:画面の右下にある「同期」ボタンをクリックし、数秒の後、「インポート完了」のメッセージが出てきたら、パソコンからiPhone 7へ音楽を転送が実現できた。



まずこのページにある緑色の「無料ダウンロード」ボタンをクリックして、WinX MediaTrans ダウンロード&インストールしてください。WinX MediaTrans日本語化され、日本のユーザが快適に簡単に使えるようになった。Macユーザーなら、このページにある「無料ダウンロード」青いボタンをダウンロードするだけでいい。


音楽をiPhone 7に取り込み

ステップ1:USBケーブルでiPhone 7とお使いのパソコンを繋いてください。


ステップ2:WinX MediaTransを起動。メイン画面にある「音楽管理」ボタンをクリック、音楽管理の画面が出てきて、iPhone 7に保存されている音楽の一覧も表示される。


ステップ3:左から2個目の「音楽追加」をクリック。PCからiPhone 7に取り込みたい音楽・曲を選択し、1度に(1回で)、複数のファイルを追加できるので、Ctrl キーを押したまま、追加する音楽を順にクリックするだけで実現。


ステップ4:画面の右下にある「同期」ボタンをクリックし、数秒の後、「インポート完了」のメッセージが出てきたら、パソコンからiPhone 7へ音楽を転送が実現できた。



 


世界最速のiPhoneファイル管理ソフトとして、iPhone 7に音楽の入れ方を提供するだけではなく、iTunesなしでiPhoneとPCの間で写真やビデオをバックアップ、転送、管理、変換することも行える。さらには本ソフトを経由してお使いのiPhoneもUSBメモリーに変身させ、映画、音楽、電子書籍、写真、アプリ、ドキュメントファイルなどデータを手軽に転送して本当に便利である。





  


Posted by 洞庭湖君 at 13:24Comments(0)

2016年07月15日

iPhoneファイル管理ソフトオススメ:iPhoneバックアップに最適な方法 2016

インターフェイスにも機能にもiTunesが複雑過ぎて使えない。オススメのiTunesに代わるiPhoneファイル管理ソフトを教えてください。


iPhoneデータをパソコンに移行したり、PCに保存されている写真、ビデオ、曲・音楽をiPhoneに入れたりしたいなら、PCとiPhoneの間でファイルやデータを転送できるiPhoneバックアップアプリが不可欠なものであるが、初心者にとって普段使っているiTunesが重くて使いにくくて本当に頭に来る。更には最新バーションにアップデートしたのにiTunesとiPhoneバックアップできない状況が時々発生し、iTunesの代わりにiPhoneバックアップ・ファイル転送ができる便利アプリがあるのか?今回なら、最適な iPhoneファイル管理ソフトオススメ!iTunesなしでらくらくとiPhoneデータをパソコンに移行するだけではなく、PCに保存されている画像、ビデオ、文書、音楽をiPhoneに入れることができる!


原文へのリンク:http://goo.gl/8DXqb4


iPhoneファイル管理ソフトオススメ 2016 №1:WinX MediaTrans


iPhoneバックアップ



対応OS:Windows10/8/7/Vista        日本語対応:◎ 
対応端末:iPhone, iPad,iPod(iOS7 とそれ以降のバージョンがサポート)


iTunesを経由しなくても、iPhoneとパソコンの間で写真、音楽、ビデオ、ドキュメントファイルなどデータ・ファイルをらくらくと管理・転送できるiPhoneバックアップアプリ。iTunesから購入された音楽であろう、PCで保存している多彩なビデオであろう、WinX MediaTransを使えば、勝手気ままにiPhoneに追加される可能。一方、ワンクリックだけで写真や曲、ビデオなどのiPhoneデータをパソコンに移行できて、デバイスのストレージ空き容量も増やして確保できる。また強力なハードウェアアクセラレーション搭載で、16分で7000曲をiPhoneバックアップできて、20秒で1000枚の写真も気楽に転送が可能。一方、iPhone をUSBメモリ化機能や音楽削除、ID3タグ情報編集、ビデオ変換など多種多様な機能を備えて、初心者が色々重複しなくても、iPhoneファイルを一度に管理できる。パソコン初心者から上級者まで幅広くおすすめ!


メリット:シンプルで操作性抜群!画面上部にある「最新の情報に更新」を押すと、削除、移行など操作を実行してもiPhone変更前の状態に復元できる。


iPhoneファイル管理ソフトオススメ 2016 №2: AnyTrans


iPhoneデータをパソコンに移行


対応OS: Windows 10, 8, 7, Vista, XP       日本語対応:◎ 
対応端末:iPhone, iPad,iPod(iOS 5, 6, 7, 8, 9)


iPhoneとパソコンの間で音楽、ビデオ、写真、着信音などのデータやファイルを簡単に移動することができる便利アプリ。AnyTransを立ち上げたらiTunesもバックグランドで運行し、パソコン内のiTunesライブラリをAnyTransで表示できる。またiPhoneを気軽に管理できて、オーディオ、ビデオ、写真、ボイスメモ、ブック、メッセージ、連絡先などファイルやアプリデータ、保存されたゲームと個人設定をバックアップできるだけでばなく、iPhoneを機種変更した場合、元のiPhoneのデータを新しいiPhoneに直接に複製することが可能。一方、管理画面の操作はシンプルで扱いやすいため誰でも難なく簡単に使える。


メリット:iPhoneに入っているアプリや個人設定を別のiPhoneに直接転送することができる。


iPhoneファイル管理ソフトオススメ 2016 №3:CopyTrans


音楽をiPhoneに入れる


対応OS: Windows 10, 8, 7, Vista, XP       日本語対応:◎ 
対応端末:iPhone, iPad,iPod(iOS 9対応)  


iTunesを使わずに音楽、ビデオ、プレイリスト、ボイスメモなどをiPhoneからPCやiTunesへ簡単に転送できるiPhoneバックアップアプリ。iPhoneデータをパソコンに移行する以外、CopyTransでiTunesに転送する際に、スマートバックアップ機能でプレイリスト、アートワーク、レートや再生回数といった全てのメタデータも一緒に同期できる。それに2重コピー防止機能を持ったから同じトラックがあっても重複もない。また、iPhoneからiTunesやPCに曲を転送、プレイリストやアートワーク、再生回数等の元通りなど必要な 操作は直感的に誰でも使える。


メリット:CopyTrans にはiPhoneバックアップため2つの方法を提供:「スマートバックアップ」と「マニュアルバックアップ


iPhoneファイル管理ソフトオススメ 2016 №4:iFunbox


iPhoneバックアップできない


対応OS:Windows 10, 8, 7, Vista, XP       日本語対応:◎            
対応端末:iPhone, iPad,iPod


iPhone内蔵の様々なファイルを閲覧や編集、削除、追加など操作をカンタンに行えるソフト。エクスプローラのような感じでiPhoneの中身のファイルをディレクトリで表示され、iTunesなしで映画、音楽、電子書籍、写真、アプリ、着信音などファイルを手軽に転送して、さらにはゲームのセーブデータやLineのチャット履歴も同期できる。それに本ソフトを使えばお使いのiPhoneもUSBメモリーに変身させ、USBメモリーなどと同様にファイルのやり取りが可能になって本当に便利である。またiPhone着信音設定の仕方が簡単で、本ソフトを経由して初心者でもらくらくと自分で好きな曲を着信音として設定できる。


メリット:散乱したファイルを簡単自動整理!iPhone内のファイルやデータをWindowsエクスプローラのようなに表示される。


iPhoneファイル管理ソフトオススメ 2016 №5:iPhone転送


iPhoneファイル管理ソフトオススメ


対応OS:Windows 10/8/7/Vista/XP 日本語対応:◎   
対応端末:iPhone, iPad,iPod


iTunesを変わってiPhoneとパソコンの間で好きなように音楽・写真・動画・連絡先などのデータを転送、管理するためのiPhoneバックアップアプリ。写真、プレイリスト、メッセージ、連絡先、動画、メモなどのiPhoneデータをパソコンに移行して劣化させずに保存できるだけではなく、お好きなブック(ePub/PDF)、テレビ番組、音楽をiPhoneに入れる可能。iTunesよりシンプルで簡単な操作画面を持つので、初めての方でも簡単に利用できる。更には実行スピードも速いし、iPhoneバックアップできないの問題も安全かつ効率的に解決できた。


メリット:iTunesをインストールせずデバイスを直接にプログラムに接続できる。


  


Posted by 洞庭湖君 at 13:24Comments(0)

2016年07月13日

WinX MediaTrans USBメモリーの使い方:iPad・iPod・iPhoneをUSBメモリ化

WinX MediaTrans :USBメモリー代わりにiPad・iPod・iPhoneをUSBメモリ化できるフリーソフト。
WinX MediaTransでiOS端末とPCの間に音楽、ビデオ、画像などデータ・ファイルを自由に転送するだけではなく、無料でiPhone をUSBメモリ化することも可能。USBメモリーを身に付けなくてもWinX MediaTransを使えば 写真、ドキュメントファイル、音楽、APPのインストール先、動画など任意なデータやファイルをiOS端末(iPod、iPod、iPad)に取り込み、iPhoneをUSBメモリーとして使うことができる。USB 3.0を対応できて初心者のユーザーでも高品質かつ高速で無料操作。今回なら、iPhone をUSBメモリ化できるWinX MediaTrans USBメモリー機能の使い方を詳しく紹介し、WinX MediaTrans設定方法もまとめてみて届ける。





WinX MediaTrans使い方の準備編 >>



WinX MediaTransインストール完了したら、ソフトを起動。iOSデバイスをパソコンに接続した時にiTunesがデバイスのデータを自動的に消去することがあるため、WinX MediaTrans起動時にiTunes設定のポップアップが出た場合は画面の指示に従ってiTunesを適切に設定してください。また最新バーションでなければ最新iOS対応できないから、最新バーションのメッセージが出た場合は更新することを推奨。その後は現在お使いのiOSデバイスをPCと接続するだけでいい。このページではiPhoneを例として挙げてWinX MediaTrans使い方を詳説する。



WinX MediaTransインストール完了したら、ソフトを起動。iOSデバイスをパソコンに接続した時にiTunesがデバイスのデータを自動的に消去することがあるため、WinX MediaTrans起動時にiTunes設定のポップアップが出た場合は画面の指示に従ってiTunesを適切に設定してください。また最新バーションでなければ最新iOS対応できないから、最新バーションのメッセージが出た場合は更新することを推奨。その後は現在お使いのiOSデバイスをPCと接続するだけでいい。このページではiPhoneを例として挙げてWinX MediaTrans使い方を詳説する。







WinX MediaTrans USBメモリー機能の使い方:iPhoneをUSBメモリーとして使う



WinX MediaTransのメイン画面にある「USBメモリー」ボタンを押すとUSBメモリー画面が表示される。一番上側にある「ファイル追加」ボタンをクリックし、PCからiPhoneに追加したいファイルを選択し、1度に(1回で)、複数のファイルを追加したいなら、Ctrl キーを押したまま、ファイルを次々とクリックしていくことで複数の同時 選択が可能になる。因みに「ファイル追加」ボタンの右端にある下向き三角を押すとリストが表示され、ファイル追加できるだけではなく、フォルダ追加も対応できる。



iPhone をUSBメモリ化してにファイル・データを追加するには、「ファイル追加」ボタンをクリックする以外、画像のようにドラッグ&ドロップで直接ファイルを追加することも出来る。


しばらく待ってから、iPhoneに保存されているファイルやフォルダの一覧が表示され、WinX MediaTrans USBメモリーでiPhoneにファイル追加が完了した。





iPhoneに新しいフォルダを作りたいなら、画面上部の「新しいフォルダ」をクリック、任意の名前を入力するだけで、作成されたフォルダが画面中央部に表示された。「「新しいフォルダ」」の右端にある「エクスポート」を押すと、USBメモリーに保存されているファイルやフォルダなどをPCに転送できる。


ファイルやフォルダの名前を変更したいなら、そのファイルのチェックボックスにチェックを入れてから、画面上部にある「変更」ボタンをクリック、お好きな名前を入力欄に入力し「OK」を押してください。


ヒント:ファイル一覧の上部にある「名所」をクリックすると、ファイル名を昇順で並び替え、再クリックすると、降順で並び替え。他の欄目も同じ、「ファイルサイズ」(「最終更新日」)をクリックすると、ファイルのサイズ(更新日期)を昇順で並び替え、再クリックすると、降順で並び替える。



不要になったファイルやフォルダを削除するには、そのファイルのチェックボックスにチェックを入れてからWinX MediaTrans USBメモリー界面の上部にある「削除」を押すと簡単に消せる。


ヒント:ファイルやフォルダを削除、ファイル名の変更などをしたところが、その 結果がファイル一覧上に反映されない現象が発生する際に、「最新の情報に更新」をクリックすると、その結果が反映される。







WinX MediaTrans使い方:WinX MediaTrans USBメモリー界面アイコンの説明




WinX MediaTrans USBメモリー主界面の下に表示しているのは、デバイスのストレージ使用状況。例えば、ここで利用しているiPhoneの容量使用状況を確認する。全ストレージ容量:16GB。本体で利用できる容量が1.49GB。


項目合計 58 ( 20.3MB ) ⇒追加するファイルは4個 総計20.3MB。 
選択項目4 ( 142KB ) ⇒選択した3つのファイルが合計142KB。




  


Posted by 洞庭湖君 at 15:17Comments(0)

2016年07月13日

WinX MediaTransダウンロード・インストール方法|PC初心者向け

何という最強感…iTunesの代わりにiOS端末転送ソフトWinX MediaTransが登場
WinX MediaTransはiOS端末ファイル・データ管理ソフトとして、コンピュータとiPhoneやiPadの間で画像、ビデオ、音楽などファイルやデータを簡単に転送できる。容量不足の心配も要らなくて、iPhone・iPad・iPodにはお好みの画像や動画、音楽などファイルをPCに転送してバックアップできるだけではなく、iTunesから購入した音楽・曲や映画でもパソコンにて保存した音楽・動画でもiTunesを使わなくてもiPhoneやiPadに無劣化で入れる可能になる。一方、WinX MediaTransを使えば、お手持ちのiPhoneなどiOSデバイス一時にUSBメモリーになり、旅行しても出張してもUSBメモリーをわざわざ沢山身に付けずに使えデータを手軽に持ち運べる。しかも操作も至ってシンプルでインターフェースも分かり易いため、PC初心者もうまくできる。



注意:WinX MediaTransはBonjourサービスおよびApple Application Support (32 ビット)、Apple Application Support (64 ビット)がインストールされている必要があるため、その関連ソフトiTunesをインストールしなければならない。
iTunesがインストールされていない環境では、WinX MediaTransを初めて利用する時にiTunesのインストールを求めてくるので、指示に従ってインストールする。(因みに、iTunesインストール後、BonjourサービスおよびApple Application Support (32 ビット&64 ビット)を残しておいてiTunesのみを削除していい。)





WinX MediaTrans日本語バーションをダウンロード


WinX MediaTrans ダウンロードページにある『 無料ダウンロード』 をクリックしてWinX MediaTrans インストールプログラムをダウンロードする。このページにある『無料ダウンロード』 ボタンをクリックすることにより直接にWinX MediaTrans ダウンロードすることも可能。 


WinX MediaTrans日本語化され、日本のユーザが快適に簡単に使えるようになった。初心者でも簡単にiPhone/iPad/iPodとコンピュータの間で画像、ビデオ、音楽あるいはほかのファイルをインポート/エクスポートすることが可能。因みに、WinX MediaTrans日本語版をダウンロードするには、まず使用するコンピューターが日本語で表示されるかどうか確認する。 
Windows OSに表示される文字が日本語でないなら、WinX MediaTrans ダウンロードがデフォルトで英語になるのでご注意を。


 





WinX MediaTransインストール方法




ダウンロードしたファイルは19.9MBの「winx-mediatrans-setup.exe」ファイルで、こちらをダブルクリックしインストラーを起動させる。広告やスパイウェアなどはないのでので、ユーザーアカウント制御が表示されると「はい」をクリック。そして日本語のセットアップウィザードが開始する。





「お客様のライセンス許諾」に問題がなければチェックを入れて「インストール設定」をクリック。





WinX MediaTransインストール先を指定する。デフォルトはCドライブのフォルダのため、特にこだわりがなければそのままでOK。変更する場合は指定する。


「ディスクトップに作成」、「クイック起動に追加する」場合はチェックを入れる。設定に問題がなければ「インストール」を押していくだけでインストールが開始。


しばらく待つとWinX MediaTransインストールが完了。後は「起動」をクリックだけでWinX MediaTransが起動する。







キレイにかつ安全にWinX MediaTransアンインストール(削除)できる方法


WinX MediaTransで不具合が発生する場合は、最適な解決策を提供されるから、support@winxdvd.com まで遠慮なくご連絡ください。


WinX MediaTransアンインストール場合には、[スタート] メニューのアンインストール用の項目からアンインストールと[コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] からアンインストールの2つの方法がある。ここではコントロール パネルからWinX MediaTransアンインストールする手順をオペレーティング システム別に説明。Windows7、Windows Vista、WindowsXP この3つのOSでは操作はほとんど同じで、特に大変なわけではないからWindows 7が例として挙げる。


Windows 7の場合:スタートメニュー ⇒ コントロールパネル ⇒ プログラム ⇒ 『プログラムのアンインストール』を選択(カテゴリ表示の場合)。インストールしているアプリケーションの中からWinX MediaTransをダブルクリック、確認画面が表示されたら、『はい(Y)』で進む。後は「日本語」に設定してからアンインストール元を選択、インストール元のファイルを削除する。 
「アンインストール」をクリックしたら自動的にWinX MediaTransアンインストールされる。しばらく待って、インストール完了するメッセージが表示されて『OK』ボタンをクリックだけでWinX MediaTransアインストールすることが完了になった。


Windows 8(8.1)の場合:画面の右上隅をポイントしてチャームを表示し、マウス ポインターを下へ移動して [検索] をクリック ⇒ 検索ボックスに「コントロール パネル」と入力し、[コントロール パネル] をクリック ⇒[プログラムと機能] をクリック(大きいアイコン表示の場合) ⇒プログラムをクリックして[アンインストール] をクリック ⇒ そして画面の指示に従って、WinX MediaTransアインストールする。


Windows 10の場合:スタートメニューから「設定」を開いて「システム」をクリック ⇒ 画面右側の「アプリと機能」を選択 ⇒するとインストールしているアプリケーションの中から「WinX MediaTrans」を探し、クリックする ⇒ 「アンインストール」をクリック ⇒そして画面の指示に従って、WinX MediaTransアインストールできる。



  


Posted by 洞庭湖君 at 15:17Comments(0)

2016年07月13日

WinX MediaTrans 音楽管理の使い方:iPhone/iPad/iPodの音楽・曲を同期(転送)方法

原文へのリンク:http://goo.gl/ceY5W5


何という最強感…iTunesなしで、iPhone/iPad/iPodとパソコン間で音楽・曲を共用・転送ができる
WinX MediaTransは万能のiOS端末ファイル・データ管理ソフトとして多彩な機能を備えている。iTunesから購入した音楽をiPhone/iPad/iPodに取り込んだり、パソコンで保存されてる曲をiPhone(iPad/iPod)に入れたりなどできるだけではなく、iOSデバイスに保存されている音楽もPCに転送してバックアップできて、これから容量不足とさよなら!また日本版があるので、日本のユーザーも快適に簡単に使えるようになった。操作の仕方が簡単で、初心者でもらくらくとWinX MediaTransで音楽転送し、iTunesなしで自由にパソコンとiPhone(iPad、iPod)の間で好きな音楽・曲をやり取りすることが可能になる。次には、WinX MediaTrans 音楽管理の使い方を詳しく紹介する。




WinX MediaTrans使い方の準備編 >>



インストール完了したら、WinX MediaTransを起動。PCにiPhone(iPad・iPod)をUSBケーブルで繋いでからWinX MediaTransのメイン画面が表示される。



WinX MediaTransメイン画面の右下の錠のようなアイコンをクリックしてソフト登録。誤ったWinX登録コードを入力しないように、受け取ったWinX MediaTransの登録コードをコピーして入力欄に貼り付けて「登録」ボタンを押すだけで操作完了。登録が無事に済んだらWinX MediaTransのメイン画面の右下にある錠がなくなった。


ヒント:WinX MediaTransは無料で利用できるが、音楽のインポート・エクスポートがそれぞれ1日に30回の制限があるから、体験版を利用する方はご注意ください。 このページではiPhoneを例として挙げてWinX MediaTrans使い方を詳説する。







WinX MediaTrans使い方~WinX MediaTrans 音楽管理 >>



メイン画面の「音楽管理」ボタンをクリック、WinX MediaTrans 音楽管理の画面が出てきて、iPhoneに保存されている音楽の一覧も表示される。パソコンからiPhoneに曲を入れるだけではなく、PCに取り込んで、iPhone 音楽を同期することもできる。ただし、iPhoneなどiOSデバイスに対応しているMP3ファイル形式であることが大前提。今回はWinX MediaTransで音楽転送の使い方をそれぞれ紹介する。まずはWinX MediaTransで音楽転送中iPhoneをPCと正常に接続していることを確認。


WinX MediaTrans 音楽管理:PCからiPhoneに曲を入れる場合(PC ⇒ iPhone)


WinX MediaTransにある左から2個目の「音楽追加」をクリック。PCからiPhoneに追加したい音楽・曲を選択し、1度に(1回で)、複数のファイルを追加できるので、Ctrl キーを押したまま、追加する音楽を順にクリックするだけで実現。



音楽リストには追加されている音楽の左側には緑色の「New」タグがある。そして画面の右下にある「同期」ボタンをクリックし、数秒の後、「インポート完了」のメッセージが出てきたら、パソコンからiPhoneに曲を入れることが実現できた。この時、追加された音楽の左側には緑色の「New」タグがなくなって、「同期」ボタンにある数値表示ラベルも消えてしまった。


WinX MediaTrans 音楽管理: iPhoneからPCに転送の場合(iPhone ⇒ PC)


WinX MediaTransで複数のファイルを一気に同期できるから、音楽リスト表示の場合には、PCに転送している音楽のチェックボックスにチェックを入れる。PCへすべてのiPhone音楽を同期したいなら、検索ボックスの左側にある「全てを選択する」にチェックを入れるだけでOK。



因みに、画面上部にある検索ボックスにキーワードを入力すると音楽リストが該当する曲しか表示されない。


右上隅にある歌手のようなアーティストグループ化アイコンをクリックすると、音楽がアーティストでまとめる。アーティストのチェックボックスにチェックを入れたら、そのアーティストの曲を全部選択した。勿論、アーティスト左側の下向き三角をクリックして、そのアーティストの曲が一切表示され、自分で好きなように曲を選べてもいい。


PCに転送している曲を選択した後、画面上部にある左から一個目の「エクスポート」を押すと、数秒だけで複数のファイルをiPhoneからPCへ一気に転送し、iPhone音楽を同期することができた。


また、曲の上にマウスのポインタを置くと、「音楽をエクスポートする」をクリックしたら、その曲もPCに転送できる。


WinX MediaTrans 音楽管理: 曲・音楽削除、編集、新規プレイリスト追加… >>



WinX MediaTrans使い方>>曲・音楽を削除する方法



削除する曲のチェックボックスにチェックを入れて、画面上部にある「音楽削除」をクリックする。表示される確認メッセージで「OK」ボタンを押すと、削除している曲の左側にはグレー色の「Del」タグがある。


この時にはWinX MediaTransで曲を消しただけで、iPhoneに同期しないから回復方法もまだあるんだ。後悔してももう遅くない!画面上部に「最新の情報に更新」を押すと、グレー色の「Del」タグがななり、削除前の状態に戻っている。一方、接続中iPhone本体で新たな音楽をダウンロードしたら、この「最新の情報に更新」をクリックしたら、音楽がすぐにWinX MediaTransで表示される。


削除する曲を確認してから直接に「同期」ボタンをクリックして、iPhoneに同期が始まるので完了するまで少々待っている。「インポート完了!」と表示されれば、iPhone内の曲の削除は完了。


因みに、曲の上にマウスのポインタを置くと、「音楽をエクスポートする」をクリックしたら、曲も1つずつしか削除できない。


WinX MediaTrans使い方>>曲名などID3タグ情報を再編集



編集する曲の上にマウスのポインタを置いた時、「プレイリスト」、「音楽をエクスポートする」、「音楽編集」、「音楽削除」の編集情報を表示される。左から三個目の「音楽編集」をクリックすると、情報編集メッセージが表示される。曲のタイトル、アーティスト、アルバム、作曲家、発表時間、コメントなど音楽情報を簡単に取得したり、編集したりできる。


ヒント:WinX MediaTransで複数の音楽情報を一度に変更することもできる。削除編集する曲のチェックボックスにチェックを入れて、画面の上部にある「編集」ボタンをクリックする。表示された情報編集メッセージにはアーティスト名とアルバムを一気に変更できる。


WinX MediaTrans使い方>>新規プレイリストの追加・編集・削除



画面左側にあるプラス記号(+)をクリックして、iPhoneで新規プレイリストを作成する。NewPlaylistの上にマウスのポインタを置くと、「プレイリスト編集」アイコンをクリックして任意の名前を入力するだけで、作成されたプレイリストが画面左側に表示された。


プレイリストへ追加したい曲の上にマウスのポインタを置くと、一番目の「プレイリスト追加する」アイコンをクリックして、作成したプレイリストにチェックを入れて指定したら、OKボタンをクリックだけで選択した音楽をプレイリストに追加された。


複数の楽曲を一度に作成したプレイリストに追加されたい場合は、プレイリストへ追加したい曲のチェックボックスにチェックを入れて、任意の選択した曲の上にマウスのポインタを置いてマウスの左ボタンを押したまま作成したプレイリストへドラッグしてください。


その後は「同期」ボタンをクリックしたら、作成したプレイリストをiPhoneに同期できる。


プレイリストを削除するには、作成したプレイリストの上にマウスのポインタを置くと、「プレイリスト削除」アイコンをクリックして「Delete」を押すとプレイリスト及びプレイリスト内の曲をきれいに削除する。その後は「同期」ボタンをクリックしたら、iPhoneにもさっき作成したプレイリストも消えてしまった。


ヒント:WinX MediaTrans音楽管理の画面上部に「同期」ボタンを押す前に、どんなに編集・変更しても「最新の情報に更新」をクリックしたたけで変更する前の状態にすっかり戻られれる。





  


Posted by 洞庭湖君 at 15:17Comments(0)