2017年02月10日

【Xperia 2017】次期Xperia最新情報:2017 Xperia新型モデルの機種一覧

2016年、Xperia フラグシップは数年間発売してきたZシリーズからXシリーズへ生まれ変わって、Xperia X Performance(2016年6月発表)とXperia XZ(2016年10月発表)という最上位モデル2機種を発表した。さてさて2017年、このXperia Xシリーズ第3世代モデルとなるXperia最新機種はどんなモデルが登場する!?前日、ソニーが MWC 2017でマスコミ向けのプレスカンファレンスの招待状を公開した。プレスイベントで発表されるXperia 2017というのはどんな機種が発表されるかはまだ不明だが、ネットでは様々な憶測が飛び交っていてSony Mobileが開発中の次期Xperia最新機種Sony G3221とSony G3112がは発表されることが有力視されている。それにXperia最新機種のスマートフォンの以外、次期Xperia新型タブレットも2017春夏新作モデルとして登場するとのこと。
2月27日ソニーモバイルはバルセロナで開催される「MWC 2017 」でXperia XZs、Xperia XZ Premium、Xperia XA1、Xperia XA1 Ultra最新4機種を発表した。これからはXperia 2017年最新機種をまとめてみて、エクスぺリア2017春夏スマホ及び未発表のXperia新型タブレットに関する最新情報も紹介する。


文へのリンク:https://goo.gl/pwjOCp


 


次期Xperia 2017最新スマホ:Xperia XZ Premium・Xperia XZs・Xperia XA1/XA1 Ultra




2017年春夏発売のXperia新型モデルはXperia XZ PremiumとXperia XZsなのか?ちょっと前にソニーモバイル未発表の型番がSONY G3221とSONY G3112というXperia最新機種が暴露した。2機種はMediaTekのハイエンド向け新SoC、Xperia XA1シリーズに搭載されているHelio P10より性能が20%向上ている「Helio P20」を搭載することが明らかになる。それに型番SONY G3121とされるエクスぺリア2017モデルXperia XAの後継機となるXperiaXA1もMWC 2017でリリースした。





■ 2017 Xperia新型モデル:Xperia XZ Premium


Xperia 2017


■ 2017 Xperia最新機種:Xperia XZ Premium


現在既に露出したXperia 2017リーク情報を見ると、2月発表予定のXperia 最新機種G3221をXperia XZ Premiumという名前で登場、エクスぺリア2017シリーズの最上位モデルとして発表されることが濃厚になる。 
外観は基本的にXperia Z5からオムニバランスデザインデザインで大幅な変更はなし、カラーは「ルミナスクロム」と「ディープシーブラック」の2色展開。5.5インチの4K HDR液晶ディスプレイを搭載、同次期発売のほかのXperia最新機種と比較して一回り大きなサイズになる。チップセットにSnapdragon 820を採用した。メモリー4GBで内部ストレージ(ROM)容量が32GBから64GBに引き上げ、カメラ画素数は1900万画素、フロンドが約1300画素となるとまさにハイエンドモデルと言える性能。




 


■ 2017 Xperia新型モデル:Xperia XA1/XA1 Ultra


Xperia最新機種


 




■ 2017 Xperia最新機種:XA1/XA1 Ultra


2016年発売のXperia XAがベゼルレス、細身なデザインで大絶賛を浴びているから、この機種の後継機となる Xperia XA1/XA1 Ultra もMWC 2017で登場した。先代モデルと同じで縦にした際の左右へベゼルが非常に狭い「ぜりベゼルデザイン」を採用し、画面占有率はそれぞれ70.9%と76.1%になる。ミドルレンジ市場のスマホを狙うようだ。 
公開された2017 Xperia最新機種により、次期Xperia 2017 XA1の本体サイズは、高さ約145 mm×幅約67mm×厚さ約8mm、現行のモデルより1.5mm高く、0.1mm厚くなる。 CPUは64bit対応のMediatekのHelio P20で、2.3GHz オクタコア、3GB RAM。Xperia XA1 Ultraは、6インチディスプレイと4GBのRAMを搭載したモデル。またXperia XZ、Xperia X Compactに続いてXA1 UltraもUSB Type-Cを搭載し、3.5mmイヤホンジャックを残した。






 


■ 2017 Xperia新型モデル:Xperia XZs


Xperia新型


ソニーモバイルは今年Xperia XZ Premium 、Xperia XA1/XA1 Ultra新型後継機の以外、コンパクトモデルXperia Zsも準備した。厚さは4.6mmの超薄型ボディが特徴で、アルミとガラスのサンドイッチデザインを採用し、端末下部にLED搭載バーが光る透明なフローティングプリズムが復活することと言われる。5.2インチ1080P(フルHD)ディスプレイが搭載されて、輝度は高めの 650nitsとなっている。消費電力が全体で5%ダウンできるQualcomm Snapdragon 820 Adreno 530 採用する。 
次期Xperia 2017最新機種のカメラについては、Xperia XZsが12MPのカメラに1/2.8型Exmor RS裏面照射型CMOSセンサーが付いて、58mm F2.2の広角レンズも備えて、最大960fpsのスーパースローモーション撮影に対応できる。




 


次期Xperia 2017最新スマホ:Xperia XZ Premium VS Xperia XZs VS Xperia XA1・XA1 Ultra


Xperia新型


Xperia新型Xperia新型Xperia新型


Xperia新型Xperia新型




次期Xperia 2017最新タブレット:Xperia Tablet 復活!?




■ 2017 Xperia新型モデル:Xperia XZ Tablet


次期Xperia


ここ最近の噂によると2016年3月で販売終了したエクスぺリアタブレットは2017に新製品ラインナップに次期Xperia XZ Tabletとして復活する。Xperia新型タブレットを待っていたユーザー にとって待望のモデルと言えそうだ。


エクスぺリア2017タブレットのスペックに関するリークがいっぱいだが、Qualcomm Snapdragon 820 クアッドコアプロセッサでType-C USBに対応することが判明した。またストレージ容量もUIも旧型Xperia タブレットに比べて大幅に進化し、性能面の向上で言うと、旧モデルを圧倒的に上回ることも果たしているようだ。






  


Posted by 洞庭湖君 at 17:29Comments(0)Android・携帯電話

2016年12月13日

Android Root化できることとは?初心者ためのAndroid Root化やり方一覧



iPhone脱獄と同じでAndroidスマホをRoot化すると、OSの機能制限を解除しお使いのスマホを完全自由に使う。一方、Android Root化された後更なる自由に手に入れる以外、セキュリティが低下し不覚にもウイルスに感染する可能性も高くなる。けれどアイコンをカスタマイズしたり、プリインストールアプリを削除したりなど拡張機能を実行するにはAndroid Root化して管理者権限を取得しなければならない。というこで、今回はAndroidルート化できること(メリット)やデメリットをよく調べて、初心者も簡単にできるAndroid Root化やり方を紹介する。


原文へのリンク:https://goo.gl/qBkLNM






Android Root化やり方の準備編:Androidルート化できること(メリット)




* 不要なプリインストールアプリを削除できて、ストレージ容量を増やす。


* システムフォントの変更が可能。インターネット上で新しくダウンロードしたフォントファイルを/system/fontsにコピーしたら簡単にフォント(書体)を変える。


* アプリのインストール先を、SDカードにすることができる。


* 画面の見た目を自分の好みにカスタマイズできる。例えば、framework-res.apkを変更すると、バッテリの100階段表示したり、通知領域の透明化したり、ステータスバーのアイコン変更したりなど色とデザインを変える。


* 通知領域に突然出てくる迷惑な広告やポップアップを停止できる。


* 自動的に起動されるアプリを管理できる。アプリがバックグラウンドで自動的に実行されたら端末の動作が重くなるだけではなく、電池の減りも早くなる。


* CPUの電圧制御とCPUの周波数を変更できて、端末の消費電力と使用温度を下げることが可能。


Android Root化やり方の準備編:Android Root化のデメリット



Android Root化やり方


* スマホセキュリティが弱くなりAndroid Root化の前よりウイルスに感染しやすい。


* Android Root化済みの端末が不安定になる場合もある。


* 端末がRoot化後、サポートや 修理サービスを受けられない可能性がある。


* Android Root化して管理者レベルの権限を取得したから、任意なアプリがシステムファイルを削除、入れ替えなどの操作を実行できる。もしそのアプリが誤って重要なシステムファイルを削除してしまった場合、システムエラーが発生するかもしれない。




PC不要でAndroid Root化やり方:Xperia端末をAndroid Root化の流れ



Android Root化したいなら、一番簡単なのは、やはりAndroid Root化ツールを利用してAndroid Root化を取得するだろう。というこで今回はTowelroot(タオルルート)というAndroid Root化ツールを利用してXperia端末をAndroid Root化してみる。パソコンを利用せず、Towelrootをスマホで実行てからボタンをクリックだけでほとんど専門知識のないAndroidユーザーでも簡単にスマホをAndroid Root化できる。 
Towelroot対応できる端末:Galaxy S5、S4、Note3、LG G2、G3、Sony Z、Z1、Z2...


ヒント:Android Root化する前に何かあったときに備えてスマホ内のデータをバックアップするほうがいい。


これからは、Xperia端末をAndroid Root化する方法を例として超簡単にAndroid Root化やり方を詳しく紹介する。


Android Root化ツール

本家サイトからAndroid Root化ツールTowelrootのAPKファイルをお使いのスマホにダウンロードしてインストールしてください。インストール完了したら、Android Root化ツールTowelrootを実行して、英語だらけの画面が表示される。


画面中央部の「make it ra1n」ボタンをタップするだけでXperia端末をAndroid Root化するのが始まる。


しばらく待って、Android Root化が終了したら、スマホが自動的に再起動されて、Xperia端末をAndroid Root化するのが完了になった。


一般的に、大部分のAndroidデバイスに対応できるTowelrootは成功率は100%わけではなく、Android Root化失敗する場合もあるが、なんといっても今最も簡単かつ有効なAndroid Root化やり方であることは、誰でも否定できない。










  


Posted by 洞庭湖君 at 18:01Comments(0)Android・携帯電話